FC2ブログ

《紙ジャケ》カクタス(Cactus)、ラマタム(Ramatam)《Papersleeve》

 2006-09-19
2006/10/21予定

カクタス
カクタス(紙ジャケット仕様)
ワン・ウェイ...オア・アナザー(紙ジャケット仕様)
リストリクションズ(紙ジャケット仕様)
汗と熱気(紙ジャケット仕様)

ニュー・カクタス・バンド
サン・オブ・カクタス(紙ジャケット仕様)

ラマタム
ラマタム(紙ジャケット仕様)
暁の妖精(紙ジャケット仕様)

Cactus カクタス(紙ジャケット仕様)One Way...or Another ワン・ウェイ...オア・アナザー(紙ジャケット仕様)Restrictions リストリクションズ(紙ジャケット仕様)
Ot 'n' Sweaty 汗と熱気(紙ジャケット仕様)Son Of Cactus サン・オブ・カクタス(紙ジャケット仕様)
Ramatam ラマタム(紙ジャケット仕様)In The April Came The Drawing Of The Red Suns 暁の妖精(紙ジャケット仕様)

カクタスの諸作品が紙ジャケ化! 再結成作も国内発売

女性ギタリスト、A.ロートン擁するラマタムの2作が紙ジャケ化

ビクター・エンタテインメント提供。名盤復刻紙ジャケ・シリーズ。価格はカクタス、ラマタム何れも¥2,625円(税込み)。

1970年代前半のアメリカン・ハード・ロックを代表するバンド、カクタスの作品が紙ジャケ化される。先日、再結成アルバム「V」が発表されるという嬉しいニュースがロック・ファンの前に届けられたのもつかの間、今度は過去の諸作品が紙ジャケ化されるという、またしても嬉しいニュースに巡り合えました。カクタスはご存知ヴァニラ・ファッジの強力リズム・セクション、ティム・ボガートとカーマイン・アピスが中心となって1970年に結成されたパワフルなハード・ロック・バンド。ご承知の通り、ティム・ボガートとカーマイン・アピスはエリック・クラプトン(クリーム)やジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)にライバル心を燃やすジェフ・ベックが一緒にバンド結成をと目論んだ強力リズム・セクション。

ティム・ボガートとカーマイン・アピス、そして自分(ジェフ・ベック)、更にジェフ・ベック・グループのロッド・スチュワート(スティーヴ・マリオットの抜けたスモール・フェイセズにロン・ウッドと共に参加)の4人でレッド・ツェッペリンに対抗しようと企てたジェフ・ベックだったが、1969年末に自動車事故に遭遇してしまう。新バンド結成に乗り気だったティム・ボガートとカーマイン・アピスだったが、ベックの事故によって計画は頓挫、代わりに旧知のジム・マッカーティー(ギター)を誘ってジェフ・ベック抜きのバンドを結成する。これがカクタス(Cactus)。赤い夕日をバックにしたサボテンの図柄で有名なデビュー作は米ハード・ロック史に残る名作である。

バンドは「ワン・ウェイ... オア・アナザー(One Way...or Another)」(1971年)、「リストリクションズ(Restrictions)」 (1971年) 、ライヴ・アルバム「汗と熱気」(1972年)とアルバムを発表するが、バンド継続の意欲がなくなったティム・ボガートとカーマイン・アピスが脱退(勿論、第二期ジェフ・ベック・グループを”予定通り”の2枚で終了させた、通称『2枚男』のジェフ・ベックと合流する為である)してしまった為、晩年は有名無実の存在となってしまう。バンドはアイアン・バタフライのマイク・ピネラを中心に立て直され、新たにニュー・カクタス・バンドと名乗って1973年に「Son Of Cactus」というアルバムを発表するが、ボガート&アピス抜きのカクタスは当然の事ながらシーンから無視された。

そして今回カクタスの紙ジャケと同時に発表されるラマタム(Ramatam)というバンドがある。恥かしながら今回の紙ジャケ発表の報で初めて知りました。このバンドは女性ギタリストのエイプリル・ロートン、そしてアイアン・バタフライのマイク・ピネラ(ニュー・カクタス・バンドの人)、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのドラムを担当していたミッチ・ミッチェルらによって結成されたバンドだそうです。今回発表される紙ジャケは彼等のデビュー作と2作目。ちなみにミッチェルとピネラは1作目だけで脱退、2作目ではトミー・サリバンとジミー・ウォーカーが彼女の脇を固めたとの事。どんなサウンドなんでしょうかね。

★ブログ内検索★



キープ・ミー・ハンギング・オンベック・ボガート&アピスベック・ボガート&アピス・ライヴ・イン・ジャパン
関連記事
コメント
カクタスは待望!

……だったんですが、ライノハンドメイドのスタジオベストとライブベストを買ってしまったので。
【2006/09/19 23:58】 | 赤枕十庵 #- | [edit]
やはり、暁のサボテンは名作ですね。あの作品に仮にジェフ・ベックがもしいたとしたら、一体どんなレベルの作品になっていたでしょうか
【2006/09/20 18:20】 | Cottonwoodhill #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/1559-231acd53
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析