FC2ブログ

benri-navi by myhurt

#1299 Lone Justice / Shelter (1986)

 2008-08-03
01. I Found Love
02. Shelter
03. Reflected (On My Side)
04. Beacon
05. Wheels
06. Belfry
07. Dreams Come True (Stand up and Take It)
08. The Gift
09. Inspiration
10. Dixie Storms

Shelter

1982年に結成されて2枚のアルバムを発表した後に解散してしまった、米カリフォルニア州LA出身のオルタナティブ・カントリー・ロック・バンド、ローン・ジャスティス(Lone Justice)。ルーツ・ロックなる言葉がいつ頃から音楽の世界で市民権を得たのかは知らないが、”出”があと少々遅かったらローン・ジャスティスに対する評価も違っていたのではないか、という評価が彼女らのバンドに対する評価を物語っている。今、”彼女ら”と書いたがバンドの顔というべき存在は女性リード・ヴォーカリストのマリア・マッキー(Maria McKee)。バンド解散後はソロとして活動を継続、既にかなりの枚数のソロ作品を発表してきたのだが現在の日本での評価は彼女の実力と比例しているか、と彼女の長年のファンに問いかければ大方の人がNOと即座に答えるだろう。まあ、彼女の様に自己の求める音楽が心の内部にしっかりと刻まれているアーティスト肌の人の場合、あまり人気が高まるのも問題だ。今のままで充分というのが大方のファンの逸話ざる本音なのかもしれないね。

結成は1982年。中心となったのはギタリストのライアン・ヘッジコック(Ryan Hedgecock) と1964年米カリフォルニア州ロサンゼルス出身のマリア・マッキー。ロカビリーやカントリー・ミュージックなどの米ルーツ・サウンドに畏敬の念を抱く2人を中心としたローン・ジャスティスは当初はカバー中心の音楽活動を展開していたというが、ベーシストの Marvin Etzioni やかつてエミルー・ハリスのバンドに属していたドラマーの Don Heffington(エミルー・ハリス「White Shoes」やレオ・コッケ「Time Step」、デリア・ベル「Delia Bell」、ドン・マイケル・サンプソン「Coyote」などに参加歴あり)らに即されてオリジナルを中心とした音楽活動を展開する様になる。リンダ・ロンシュタットとエミルー・ハリスとトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズが合体した様な音楽性を誇る同バンドのデビューは1985年。アルバム「Lone Justice」は全米最高56位、カントリー・チャートでも62位。シングル「Sweet,Sweet Baby (I'm Falling)」は最高73位を記録。

#1299 Lone Justice / Shelter (1986) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析