FC2ブログ

benri-navi by myhurt

#1444 Deuter / D (1971)

 2013-03-03
1. Babylon YouTube
i. Andantino
ii. Allegro 138 A
iii. Andante
iv. Allegro 138 B
2. Der Turm/Fluchtpunkt
3. Krishna Eating Fish And Chips
4. Atlantis
5. Gammastrahlen-Lamm

Deuter / D

Deuter と書いて、これをドイターを読むとドイツの登山用バックパックメーカーの事を指してしまうので、今宵は Deuter と書いて、これをデューターと読もう(本来ならドイターと読むのが正解なんだが)。1970年代前半から今日に至るまで音楽活動を継続しているジャーマン・ミュージック・シーンの陰の重鎮、デューター。ジャンル的にはニューエイジ、アヴァンギャルド、エレクトロニクス、エスニック・フュージョン、ヒーリング、アンビエント、リラクゼイション、エクスペリメンタル、インストゥルメンタル、ワールド・ミュージックなどの言葉で表現される現代メディテーション・ミュージックの第一人者だ。40年という、非常に長い経歴を持ちながら、ジャーマン・エレクトロニクス、あるいは近年のニューエイジ・ミュージックの好きな(しかもかなり好きな)人意外への認知度ほぼゼロと言ってもいい人でもある。1970年代、1980年代、1990年代、2000年代と絶え間なくアルバム制作を続けてきた人であるにも関わらず、悲しい程、名前を知られていない人と言っても良いでしょう。

デューターはドイツが第二次世界大戦に敗北した1945年、下町ファルケンハーゲンの生まれ。出世時の本名は「Georg Deuter」。ギター、ハーモニカ、フルートなどの楽器演奏を独学で習得。1970年に自動車事故に見舞われるというアクシデントを経て、1971年に最初のアルバムとなる「D」を発表する。リリースは1968年にエッカルト・ラーン(Eckart Rahn)という人物によりバイエルン州ミュンヘンにて設立された、カッコウのレーベル・マークで知られるプログレッシヴ系レーベルの Kuckuck Schallplatten。初期ポポル・ヴーの自然回帰主義にも通じる、東洋志向のアンビエント・サウンドでデビューを飾る。今でこそ、こうしたニュー・エイジ志向のサウンドは特段珍しくもなんともないだろうが、1971年の時点でこうしたアンビエント・エレクトロニクス・サウンドといえば、他のドイツ勢を見回してもポポル・ヴー位しか見当たらない。ある意味、時代を先取りしていた存在であるといえよう。

#1444 Deuter / D (1971) の続きを読む

《紙ジャケ》ビル・プラマー「コズミック・ブラザーフッド」 《Papersleeve》

 2011-07-24
2011年8月24日予定

ビル・プラマー「コズミック・ブラザーフッド」

Bill Plummer and the Cosmic Brotherhood

シンク!提供。サイケデリックの時代、1968年に発表された風変わりな作品。価格は¥2,500円(税込み)。帯付き輸入盤扱い。

YouTube - Bill Plummer and the Cosmic Brotherhood / Journey to the East
YouTube - Bill Plummer and the Cosmic Brotherhood / Pars Fortuna

#0051 Third Ear Band / Alchemy (1969)

 2000-05-04
1. Mosaic
2. Ghetto
3. Druid one
4. Stone circle
5. Egyptian book of the dead
6. Area three
7. Dragon line
8. Lark rise

Alchemy

ジャンル的には《プログレッシヴ・ロック》の範疇に入るバンドであるのですが、このバンド程、【ロック】という言葉に似つかわしくないバンドはロック・ミュージックの歴史上存在しないかもしれません・サード・イアー・バンド(Third Ear Band)。1960年代後半の英国の音楽シーンに突如として現れ、1970年代の中盤に活動を停止するまで当時の音楽ファンの視聴感覚を麻痺し続けた、本当の意味でのプログレッシヴ・ロック・バンド。ブリティッシュ・ロックの中においても孤高の存在として一目置かれているエクスペリメンタエル・バンドです。

アヴァンギャルド・ロックの最高峰ヘンリー・カウの尽力により一般の音楽ファンの知る所となった世界各国のRIO/レコメン系サウンド。クラシック音楽の室内楽的なアプローチをロック・バンドの体制で追及したサウンド、即ちチェンバー・ロックと呼ばれるジャンルの音楽はユニヴェル・ゼロやアール・ゾイド、アクサク・マブール、ZNR、といったバンドによってその存在を知らしめる事になりましたが、このサード・イアー・バンドというバンドは1960年代という時点で既に、そうしたチェンバー・サウンドの要素を用いて音楽を表現してみせた画期的なバンドでもありました。

#0051 Third Ear Band / Alchemy (1969) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析