FC2ブログ

benri-navi by myhurt

#0906 Simon Nabatov Quartet / Nature Morte (2001)

 2004-10-26
1. Pt. 1
2. Pt. 2
3. Pt. 3
4. Pt. 4
5. Pt. 5
6. Pts. 6-7
7. Pt. 8
8. Pts. 9-10

Simon Nabatov Quartet / Nature Morte

今回またしてもフィル・ミントンの名前に吊られて購入してしまったCDを紹介したい。イギリスのマニアックなレーベルであるフリー系の Leo Records から発表された1枚だが、1959年ロシアはモスクワで生れた前衛ジャズ・ピアニストのサイモン・ナバトフ(Simon Nabatov)をリーダーとするアヴァンギャルド・ジャズ・アルバム「Nature Morte」(2001年)がそれだ。サイモン・ナバトフに関する事前の知識など全くなく、フィル・ミントンと Leo Records、そして価格が1050円という点などにより購入を決断した1枚だったが、フィル・ミントン参加作品に外れなし、というマイ定説通りの私好みのイカレタ作品だった。
何度も書いてきたがフィル・ミントンは1940年イギリス・トーケン出身の前衛ヴォイス・パフォーマーで欧州の即興音楽シーンを中心として活躍する才人。マイク・ウエストブルック・オーケストラやナショナル・ヘルス、ニューズ・フロム・バベルなど、カンタベリー周辺での活動でも知られている人物です。対してサイモン・ナバトフという人物は1990年代以降のアバンギャルド・ジャズ・シーンで活躍する、知る人ぞ知る存在らしい。かなりの多作家らしく、これまで自身のソロ作やデュオ/トリオ/カルテット編成による作品を1990年代を通じて発表している。彼の父親が音楽家だった影響もあり、幼少の頃から音楽の英才教育を受けてきた人物のようだ。

#0906 Simon Nabatov Quartet / Nature Morte (2001) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析