FC2ブログ

benri-navi by myhurt

#1165 Metabolist / Hansten Klork (1980)

 2007-07-08
01. Curly Wall
02. Alien on Sunday
03. King Quack
04. Lights
05. Hoi Hoi Hoi
06. Merchandise
07. Hansten Klork

08. Dromm (Bonus Track)
09. Slaves (Bonus Track)
10. Eulam's Beat (Bonus Track)
11. Identify (Bonus Track)
12. Tiz Hoz Nam (Bonus Track)
13. Le Grand Prique (Bonus Track)

Hansten Klork

まさに奇跡のCD化。日本でこの作品及びバンドの事を知っている人は1980年前後に青春時代を過ごした私と同世代の洋楽ファンのみだろう。メタボリスト「Hansten Klork」は1980年に発表された作品でメタボリスト名義の作品としてはこれが唯一の作品。今、検索エンジンで”メタボリスト”と入れてみるとメタボリック・シンドローム関係の記事ばかりが目についてなんとも疎ましいのだが、彼らは1970年代の後半から1980年代初頭にかけて確かに、この地球上に存在したロック・バンドの一つだった。1980年と言えば私は当時大学生で都内・新宿に住んでいた。1970年代後半からパンク・ロックに夢中になりだした私はその後ニューウェーヴやインダストル・ミュージックに夢中になり、当時はストラングラーズやポップ・グループ、PIL、キャヴァレー・ボルテール、スリッツ、ワイヤー、トーキング・ヘッズ、ディーヴォ、ジョイ・ディヴィジョン、バウハウス、ヒューマン・リーグ、ペル・ウブ、クローム等々。

もう挙げたらキリがない。ピンク・フロイドなどのモンスター級ロック・バンド、当時で言う所の所謂”オールドウェーヴ”に対抗する形で登場したパンク・ロック・バンドの幼いながらも過激なアジテーションに当時10代の私はすっかり魅了され、セックス・ピストルズ登場以前に購入していた”オールドウェーヴ”クラスのレコードを大量に処分してしまった事もある。その中には今となってはお宝級の日本盤レコードもあったし、思えばなんと勿体ない事をしたもんだと随分後になって後悔したものだが当時は全く後悔していなかった。パンク・ロックやニューウェーブの尖ったサウンドにロックの未来を信じていたからである。私のような人間はオールドウェーブからニューウェーヴに趣味の対象を鞍替えしただけだが、セックスピストルズ以下数多のパンク・ロック/ニューウェーヴのサウンドに刺激を受けてプロの世界を目指した人も多かった筈だから、1980年前後が自分にとって最も音楽が刺激的な時代であったと懐かしく思う人は少なくない筈である。

#1165 Metabolist / Hansten Klork (1980) の続きを読む

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
146位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析