ジョン・レノンの愛人メイ・パン「全てはヨーコに頼まれたこと」

 2005-12-06

ジョン・レノンの愛人「全てはヨーコに頼まれたこと」

没後25年と区切りがいい年だからか、英国では今年、ジョン・レノンの命日に向け彼に関する報道/特別番組が多い。『Daily Mirror』紙の特集では、レノンと愛人関係にあった中国人女性メイ・パングの話を掲載。彼女はレノンとの情事は「ヨーコが仕組んだことだった」と話している。

70年代初め、倦怠期にあったレノン夫妻。ヨーコ・オノは、秘書を務めていたパングにレノンと関係を持つよう頼んだという。パングはこう話している。「ヨーコが事務所に来てこう言ったの。“ジョンとわたし、うまくいってないのよ。喧嘩が絶えないわ。多分、ジョンは他の人と出かけるべきだと思うの。ねえメイ、彼があなたのことを気に入ってるのはわかってるわ。もし彼があなたと出かけたいって言ったら、従ってちょうだい”そう言われて、恥ずかしかったし怖かったわ。後で知ったんだけど、ジョンもどうしていいかわからなかったみたい。でも、彼女が仕組んだのよ。ジョンは“そうしろって言われ続けてるから、そうすることにした”って言ってたもの」



maypang1.jpg

1970年代の前半、ジョン・レノンとヨーコ・オノの2人が倦怠期にあった時期にジョンがヨ-コの元を離れて秘書の中国人女性メイ・パン(May Pang)=公式サイトとロスで暮らしていた時期があった。これを俗に【失われた終末】という。ジョンは「マインド・ゲームス」の収録後、秘書のメイ・パンと1973年の後半からロスに移住する事になるが、そこでジョンはニルソンやリンゴ・スターとのんだくれの日々を過ごす事になるのですが、制作の意欲まで衰えてしまった訳ではなく、ロックンロールのカバーアルバムの収録を始めている。だが、スタジオでのベロベロヘベレケのジョンの状態は芳しくなかったようで、なかなか収録は進まなかったとか。

maypang2.jpg

1974年にはジョンはメイ・パンと一緒に住んでいた新作のデモ作りにとりかかる。これが「心の壁、愛の橋」(注;CCCDの購入は避けましょう)。同年夏、ニューヨークに足を運んだジョン・レノンは新作の録音を発表している。この後ジョンはフィル・スペクターからロックンロールのカバー音源のテープを取り戻し、そして最終仕上げを施して新作カバーアルバムとするのであった。

may.jpg

ヨーコの元を離れてメイ・パンと過ごしていた時期にアーティストとして制作意欲が衰えていたかといえばそうではなく、「心の壁、愛の橋」「ロックンロール」といった代表作も生み出している。別居する前の「マインド・ゲームス」と比較すれば、むしろ【失われた終末】の時期の方がよかった位だ。

ヨーコと一緒に暮らし出すようになってジョンの新作はご無沙汰となってしまったが、その間録音をしていなかった訳ではなく、要所要所で曲作りやデモ音源などを収録していた事は「ロストレノン」を聴いた事のある方なら先刻ご承知の通りです。いやあ、意味もなくダラダラと書いてしまっった。失礼しました。ジョンが死なずにあのまま1980年を生き延びていたら、その後ジョン、ヨーコ、メイ・パン及び周辺の関係者とはどんな関係になっていたんでしょうか。

もうすぐジョンの命日がやってきますが、今でもあの日の衝撃は忘れません。あの時は新宿の中華料理屋で焼肉定食を食べていたんです。その時、食堂のTVが流れてきたジョン死去のニュース。泣きました。泣きました。今でもあの時の新聞は保管してあります。私にロックの面白さを教えてくれたのはジョンのソロ作品でした。もう没後25年ですか。

ヨーコが東洋人だからといって、今でもヨーコに誹謗中傷を繰り返すメディアも存在するでしょうが、そんな事はもうやめてもらいたいです。確かにジョンの生前の音源を厳格に管理するヨーコの姿勢が時に行き過ぎて問題となるケースもあるのでしょうれども、私にとっては生前ジョンが最も愛した女性を卑しめる発言は、、、、もういいでしょう。もう彼女も72歳です。

(何を言いたいのか、混乱の境地といえる記事をアップしてしまい申し訳ございません)
関連記事
コメント
今週金曜日にジョンレノン特集ライブやります♪
・スターティングオーバー
・ウーマン
・マインドゲームス
・ハッピークリスマス
【2005/12/07 18:26】 | ギブファン #QD0O0vKE | [edit]
ご来訪ありがとうございます。コンサートですか。楽しそうですね。
【2005/12/07 18:46】 | 管理人 #- | [edit]
面白い記事読ませていただきました、ありがとうございます。

ヨーコさんって肝すわってますよね・・・

ジョンが好きなので情報を知れると嬉しいです。

僕はオンタイム世代じゃないので

亡くなった当時のファンの方がどれだけショックを受けたか想像もつきませんが

僕ですら、ジョンが亡くなるまでの経緯を辿っただけで泣きましたから・・・

【2011/06/01 15:48】 | ジュン #- | [edit]
コメントありがとうございます。

ジョンが死んだ時、私は大学生でした。その時の胸に
穴がぽっかりあいたような気持ちは今でも忘れる事が
できない思い出です。
【2011/06/02 22:00】 | Cottonwoodhill #- | [edit]
リアルタイムではビートルズを知らない世代ですが
ジョンレノン大好きです。ジョンはアジアの女性が好きだったんですかね。

恐らく、いくらでも女性を選べる立場だったと思いますが
この女性を選ぶとは。。

メイパンさんはいまだに生きてますか?
活動されてますか?

色々調べてますが、メイパンの現在が
わかりません
【2015/10/17 15:40】 | 赤羽王子 #yoTEKko2 | [edit]
>赤羽王子さま

こんな寂れたブログに起こし頂き、ありがとうございます。
メイ・パンは本名はMay Fung Yee Pang。1950年生まれなので
今年65歳になります。

http://www.maypang.com/

ジョンとの関係は1973年から1975年。ジョンと別れた後のその後
ですが、メイ・パンはメリー・ホプキンと離婚したトニー・ヴィスコンティ
と1989年に結婚しています(2000年に離婚)。子供は2人。

https://www.youtube.com/watch?v=h2WU2egVM8I

2014年時点でNY在住だった模様。過去に宝飾デザイナーの仕事なんかも
こなしていた模様です。
【2015/10/25 21:28】 | Cottonwoodhill #- | [edit]
ありがとうございます。まだお元気で、
しかもお若いですね。
失われた週末の頃と比較すると
ずいぶん太りましたが
まぁ、四十年も経てば当たり前ですかね。
【2015/10/25 21:52】 | 赤羽王子 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/157-b1d11b5d
  • Vol.31~John Lennon「Walls And Bridges」【fm GIG 番組日誌】
    ロック史に名を残すビッグアーティストの名曲とちょっとマニアックな曲を紹介する「ヒットtheビート」。今週は、John Lennonの「Walls And Bridges」を特集しました。前作「Mind Games」あたりから生活が荒れ始めたジョンは、ついにヨーコと別居をしてしまいます。その寂し
【2005/12/07 18:02】
【2005/12/08 07:33】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
31位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析