FC2ブログ

(酷評)オアシスのギャラガー兄弟、ビートルズの新作を酷評

 2006-11-22

ギャラガー兄弟、ビートルズの新作を酷評

オアシスのノエル&リアム・ギャラガー兄弟が、ビートルズの新作『Love』に対して厳しい評価を下している。2人は月曜日(11月20日)ロンドンの映画館で行なわれたバンドのドキュメンタリー『Lord Don't Slow Me Down』の上映会に出席。ファンからの質問コーナーで辛口のコメントを発した。「意味がない行為」と批判するノエルは「5曲聴いて止めた」という。リアムにいたっては「クズ!」と吐き捨てた。「いまだにビートルズを理解できねえ奴は、この先もわかんねえよ。俺の中にはビートルズが詰まってるぜ」。



LOVE (DVDオーディオ付)
LOVE (DVDオーディオ付)
posted with amazlet on 06.11.22
ザ・ビートルズ
東芝EMI (2006/11/20)
売り上げランキング: 11


まあ、そうでしょう。同調できるコメントです。今回の作品「ラヴ」は2000年代に入って2枚目となるビートルズの公式アルバムとアナウンスされていますが、兎に角???が頭の中で一杯です。スタジオにおける編集作業でメッタヤタラにリミックス作業されたものも一つの作品であると認識出来るクラブやDJ世代の1990年代以降の洋楽ファンにとっては受け入られる形態なのかもしれません(注;どうやら原曲ズタズタといったレベルのミックスではないようですが、、、)。

が、リミックス・アルバムがオリジナルとは全く別の意味ある作品だと言われても黒いアナログ・レコード世代の人間にとっては正直複雑であるというのが逸話ざる気持ちです。「Yellow Submarine Songtrack」でさえ、古くからビートルズ・ファンを中心に賛否両論をまきおこしたというのに。まだ聴いてはいませんが、現時点では今のところ購入する気が全くおきません。興味はありますけれども。頭古いのかなあ、私は。

■Past Masters Vol.1(1988年)
■Past Masters Vol.2(1988年)
■The Beatles 1(2000年)
■The Beatles Live At The BBC(1994年)
■Anthology 1(1995年)
■Anthology 2(1996年)
■Anthology 3(1996年)
■Yellow Submarine Songtrack(1999年)
■Let It Be...Naked(2003年)
■Love (2006年)

これがCD時代になって新たに登場しらアルバムの数々ですが、ビートルズの歴史に「Love」を入れてよいのでしょうか。ご承知のように元はといえばビートルズの楽曲を利用したエンターテイメント集団であるシルク・ドゥ・ソレイユのラスベガスでの常駐公演『LOVE』のために作られていたもの。よって本来ならばビートルズ名義ではなくシルク・ドゥ・ソレイユの名義で発表されるべきアルバムんばのでは?。

ザ・ビートルズ・アンソロジー DVD BOX 通常盤
東芝EMI (2003/04/25)
売り上げランキング: 1838
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/1825-ba8c7a7f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析