FC2ブログ

(開設)ビートルズ MySpaceとYouTubeでプロモーション開始

 2006-12-18

ビートルズがMySpaceとYouTubeでプロモーション

ビートルズが、MySpaceとYouTubeでプロモーション――11月20日に発売されたビートルズのアルバム「LOVE」のプロモーションサイトが、ビートルズ公式サイトに加え、MySpaceとYouTube上にもオープンした。MySpaceとYouTube内に開設されたビートルズサイトには、LOVEに収録された楽曲「Within You Without You / Tomorrow Never Knows」のプロモーションビデオが掲載されている。これを記念してMySpaceでは、12月末までにサイト内の音楽ストアで「LOVE」を購入した場合に、10%割引料金が適用されるキャンペーンを行っている。



http://www.myspace.com/thebeatles
YouTube - Broadcast Yourself.
要請)民放テレビ局やJASRACなど23団体 YouTubeに書面送付

見た?YouTubeに圧力をかけることしか思い浮かばない民放テレビ局やJASRACなど23団体はビートルズ(英Apple Corps)の対応を是非参考にして下さい。頭の固い、本当は音楽の事などどうでもいい(かもしれない)人達はこの賢い対応を是非参考にして下さい。というわけで早速堂々と貼ろう。

The Beatles - Love



Within You Without You / Tomorrow Never Knows



The Love Album Interviews



日本音楽著作権協会(JASRAC)が気がつかない間に世の中は変わっているのです。YouTubeを初めとする動画投稿サイトと賢く付き合っていくことが結果的に自社の音楽コンテンツの販売促進に繋がっていくことが何故日本の偉い人には見えないのでしょうか。

音楽が好きで好きでたまらないブロッガーが自分のブログにYouTubeの動画を貼って音楽を紹介する。それを見た人が音楽の素晴らしさに触れて自分のブログでも貼って紹介する。あるいは通販サイトを利用して実際に商品を購入する。私のようにブログの運営を始めてからCDの購入が増えたケースもあるのです。音楽を知るキッカケさえあれば音楽はまだまだ売れるのですよ。

なんかFC2が異常に重くて記事を書くのが非常に辛いのでこの辺でやめておきます。ビートルズ名義の珍作?「Love」は正直言ってビートルズのオリジナル・アルバムをまだ全部聴いていない洋楽初心者には薦めたくない作品なのですが、ビートルズ(英Apple Corps)の大英断には賞賛の声を差し上げたい位です。

LOVE (DVDオーディオ付)
LOVE (DVDオーディオ付)
posted with amazlet on 06.12.18
ザ・ビートルズ
東芝EMI (2006/11/20)
売り上げランキング: 73
関連記事
コメント
iTunesその他のデジタル音源配信には非協力的なApple Corpが、
YouTubeに「Love」プロモーションとは、色々な思惑が見て取れると思います。
特に、賛否両論真っ二つの「Love」だからこそ、といった所でしょうか。
我々の様な原曲が頭にこびりついているが故に拒否反応を示す者には
絶好のプロモーションかもしれません。
実際、YouTubeの音質でさえ、"T.M.N."(801じゃあないですネ、スイマセン)
のドラムの音の抜けの良さは
実感できるし、このリズムパターンをバックに"Within You Without You"を
重ねる事で生まれたドライブ感は、ちょっと驚きでした。
(れれ?かっちょいいじゃん、てな感じ。
でもChemical Brothersのパクリじゃん、とも思いましたが)
ただいずれにしろ、Cottonwoodhillの仰る通り、正規の音楽会社、
しかもApple Corp.のような有名所がYouTubeに乗っかる事で
Web2.0?じゃないですけど、更に音楽ををより多くの人に広める事が
できる可能性を提示できるだろうし、またそのキッカケになればとも思います。

でも、自分的にはこれを聞いてヤッパリ、全作品リマスター紙ジャケ化大熱望!!
感が更に高まりましたが。
【2006/12/19 07:57】 | Limahl #- | [edit]
最近JASRAC、オリコンの悪行をあばいたフリージャーナリストや出版社が告訴されています。
なにもおかしなことを書いたわけじゃなく、「これって公然の秘密」みたいなこと。

仮にどこか間違っていたとしても、どこがどうおかしいのか、言論にたいしては言論で戦えばいいこと。
それをどこぞのシンゾー君みたいに、ジャーナリストを高額の民事訴訟という手段で、言論を封殺しようという彼らは絶対におかしいし、許せませんね。

詳細は津田大介氏のサイトにのっています↓オリコンなんて誰もはなから信用しませんが。
http://xtc.bz/index.php
【2006/12/19 18:46】 | へびG #- | [edit]
>Limahlさま
ビートルズのようつべ進出は晴天の霹靂というか、兎に角よきせぬ出来事だったので本当に驚きました。しかし、天下のビートルズがCD販売促進のために動画投稿サイトと組んだ、という事実を受けて今後はビートルズに続け、とばかり大物アーティストが後に続くかもしれませんね。

私もビートルズの旧作品の完全最新リマスターによる紙ジャケを期待しております。

> へびG さま
お知らせいただいたサイトですが、なにか意味不明な窓が飛び出して先に勧めないので後で接続してみます。それにしても今回のビートルズの大英断、作品そのものに対する評価は?でありますが、考え方が日本と欧米人とでこうも違うとは驚きです。

【2006/12/19 19:26】 | Cottonwoodhill #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/1939-71767fd9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析