FC2ブログ

(UK)Toe Fat / Toe Fat (1970)

 2005-12-11
2002/12/08 記事より

1. That's My Love for You 2. Bad Side of the Moon 3. Nobody 4. The Wherefors and the Whys 5. But I'm Wrong 6. Just Like Me 7. Just Like All the Rest 8. I Can't Believe 9. Working Nights 10. You Tried to Take It All

Toe_Fat.jpg
洗練されたものから悪趣味なものまで多種多様。ブリティッシュ・ロックの名盤・珍盤のジャケットを数多く手がけてきたアート集団ヒプノシス。本作のジャケはそんなヒプノシスの悪趣味なセンスが発揮された作品の一つ。顔の部分を人間の親指よしてしまった悪趣味きわまりないジャケット。『親指スター・ウォーズ』『親指タイタニック』のスティーブ・オーデカークの監督のセンスの数十年先を行っていたと書けばどうでしょうか(笑)。しかし肝心のサウンドの方は奇を衒う事のない、極めてオーソドックスなブルース・ロックを下地としたブリティッシュ・ロック。

バンドの名前はトゥ・ファット(Toe Fat)。かつてゴッズというバンドに在籍、後にユーライア・ヒープに参加する事になるケン・ヘンズレーが一時的に在籍していた事でも知られているバンドです。元は1940年英スロー出身のクリフ・ベネットという人物が結成したクリフ・ベネット・バンドが母体。このバンドにヘンズレー他、ゴッズの元メンバー達が集結して新たに結成されたのがトゥ・ファット。1970年に最初の作品が発表されるが、これと前後してケン・ヘンズレーが脱退(勿論ユーライア・ヒープに参加する為)、やむなくクリフ・ベネットは新メンバーを補充してバンドを継続、1971年に再びヒプノシスのアート・ワークを起用した作品を発表するが、時流に乗る事なくバンドは解散してしまう。

親指ジャケで有名な本作には10曲が収録されているが、内1曲はエルトン・ジョン&バーニー・バーニー・トーピンの手による「Bad Side of the Moon」。残りの大半がベネット提供曲。ジャケットから想像される、際物的な先入観からは程遠い、ブルース・ロックやブギ・ロック、ロックン・ロール、ハード・ロックなどの要素が盛り込まれたオーソドックスなブリティッシュ・ロック。ジャケット程のオリジナルティを求められるとトゥ・ファットには荷が重いが、当時のブリティッシュ・ロック・シーンの一端を垣間見るには格好の資料になるのかもしれない。バンドのリーダーは元レベル・ラウザーズのクリフ・ベネットだが、彼のサポート役に回る筈だった元ゴッズ組が固定されず、結果として2枚しか発表できなかった。

強烈なジャケット程のオリジナルティは無いので、過度な期待は禁物です。勿論ユーライア・ヒープのサウンドも期待するべからず。クリフ・ベネット中心のバンドですから。ちなみに私が購入したCDは2枚共かつてドイツの復刻レーベル Repertoire から発売されたもの(輸入)。現在ではバラ物は市場では恐らく殆ど入手不可能でしょう。現在では1枚目と2枚目をセットにした「Toe Fat/Toe Fat II」というCDがBGOから発売されているが、こちらも10年も前の1995年発売なので、これすら入手も難しいでしょう。2in1 は確かに経済的ですが、この作品に限ってはオリジナル紙ジャケ仕様による再発を是非とも願いたい。
関連記事
コメント
コメント&TBありがとうございます。
私はジャケットから過渡な期待をした一人です(笑) とはいっても、時流に乗る作品ではなかったにしろ、オーソドックスなブルース・ロックゆえに評価は高まる可能性もあるんじゃあないか、なんて思います。
【2006/04/09 01:02】 | いたち野郎 #- | [edit]
何度見てもこのジャケットは最高です。こんなジャケット、ブリティッシュ・ロック以外にはありえないでしょうね。
【2006/04/09 01:18】 | Cottonwoodhill #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/205-f2a9afd0
  • LOOK AT YOURSELF // URIAH HEEP【ROCK CD & DVD BUYER'S GUIDE】
    対自核ユーライア・ヒープ1. 対自核2. 自由への道3. 7月の朝4. 瞳に光る涙5. 悲嘆のかげり6. 当為7. ラヴ・マシーンAmazonで詳しく見るby G-ToolsZEPPELINの「?」とPURPLEの「MACHINE HEAD」に並ぶブリティッシュ・ハード・ロックの傑作。ハード・ロックという分野....
【2005/12/18 18:33】
  • the gods「to samuel a son」【4番、サード、いたち野郎。】
    初期、ハードロック時代のクイーンに大きな影響与えたバンドとして、ユーライア・ヒープが挙げられることが多いが、ハードロック/プログレの親玉的な存在として名高いこのバンドも、実は歴史はかなり古く、60年代からその前身バンド「The Gods」をケン・ヘンズレーが牽引し
【2006/04/09 00:59】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
178位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析