FC2ブログ

(確定)オリコンチャートにレッド・ツェッペリンの2作品がチャートイン確定

 2007-11-28

ツェッペリン」2作品がランクイン

英ロックバンド「レッド・ツェッペリン」のアルバム2作品が12月3日付オリコンチャートにトップ10入りすることが26日、確定した。新ベスト盤「マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト」が7位、ライブ盤「永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤」が10位。洋楽の男性アーティストのアルバムが2作同時にトップ10位入りするのは、93年のビートルズのベスト盤「ザ・ビートルズ/1962~1966」(6位)と「ザ・ビートルズ/1967~1970」(8位)以来。



ランキング-ORICON STYLE
ledzeppelin.com - homepage

相当珍しい事だそうです。無理もありません。日本の音楽市場で洋楽不振が叫ばれて、もう何年も経過。レッド・ツェッペリンがこの度発売した2作品(といっても新作じゃありません。ベストと既発表のライブの見直し版)がオリコンチャートの2007年12月3日付で同時にチャートインする事が確定したそうです。今日は2007年11月28日。数日後のchs-トの順位が何故今わかるのか、システムがよく判りませんが、クラシック・ロックがスポットライトを浴びるのは、なんだか嬉しいですね。

マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト【デラックス・エディション】
レッド・ツェッペリン
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2007/11/14)
売り上げランキング: 39


「マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト」はレッド・ツェッペリンの最新ベスト・アルバム。全24曲。昔からの洋楽ロック・ファンににとっては、然程目新しさを感じないアルバムですが、ぷくちゃん殿のように店頭で現物を見てしまったら、レジに1セット運んでしまうかもしれません。クラシック・ロック・ファンという人種はそんなものです。

永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤
レッド・ツェッペリン
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) (2007/11/21)
売り上げランキング: 102


最強盤、だそうです。1976年に発売されたライブ・レコード「永遠の詩(狂熱のライヴ)」がオリジナルで、当時、アメリカで最高2位。イギリスでは首位を獲得しました。元の演奏はニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンでのものですが、レコード化に際してミックス・ダウンが施されました。映画版もあります。正直、昔はいろいろと賛否両論あった作品ですが、初のライヴ盤ということで発表当時は重宝されたことも事実。今回の新装版は6曲を追加収録、更に昔はいろいろと言われた曲順を実際のステージに合わせて限りなく正しく変えています(注;完璧に再現はしていないみたい)。

関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/3599-074333d1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析