FC2ブログ

(撤退)日本ビクターが国内薄型テレビ市場から撤退?

 2008-04-16

日本ビクター、国内薄型テレビ市場から撤退か?

4月16日、複数の報道メディアが日本ビクターの国内薄型テレビ市場からの撤退を伝えた。これに対し日本ビクター側は、「撤退の方向も含めて検討中。決算発表が行われる25日に正式発表する」としている。日本ビクターでは、薄型テレビブランド「EXE」に取り組んでいたが、市場での価格下落が進むなかシェア争いに苦戦していた。デバイスからの一貫生産を手がけるD-ILAを用いたプロジェクションテレビでも、2007年7月以降、新製品は発売されていない。



日本ビクター、通期業績見通しを下方修正
日本ビクター、平成20年3月期通期の連結および個別業績予想の修正に関するお知らせ

2008年3月期の日本ビクターの連結決算業績見通しは下方修正、6800億円を見込んでいた売上高は前回予想を大きく下回る6580億円となる見通しだそうで、30億円を予想していた営業利益は31億円とほぼ予想通りだったものの、円高ドル安の影響により経常損益は赤字幅が拡大、最終的に最終赤字はが325億円から478億円と悪化する見通し、との記事が上のリンクです。

もともと日本ビクターという会社はブラウン管時代もそうでしたが、自社でパネル開発は行わずに外部から調達してきた会社。液晶テレビの時代でもそう。その代わり、自社開発の画像補正技術に力を注いできたのがこれまでの現況です。オーディオ事業の分野では私もスピーカー、レコードのカートリッジ、そしてホームストレージ事業の分野ではVHSデッキはビクターじゃなくちゃ、と若い頃からずっと日本ビクターをデッキを使い続けてきましたが、もうそのビデオデッキも100%使用する事はなくなってしまいました。TV、今じゃすっかり見ませんからね。

ただやっぱりなんというか、郷愁を感じるニュースです。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/4231-3751beec
  • ビデオのビクターが薄型テレビから撤退!【家電ニュース・買物ステーション版】
    VHSを大成功させ、AV機器としては世界で物凄い知名度を誇るビクター。 そのビクターが薄型TVから撤退。 衝撃的なニュースが飛び込んできました。 ビクターと言えば、「倍速」液晶の元祖で、画質には定評があり、個人的には面白いと思うメーカーだったのですが、シェアは?...
【2008/04/16 22:33】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
29位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析