FC2ブログ

《紙ジャケ》ダニー・カーワン

 2006-01-20
2006/2/22予定

ダニー・カーワン/セカンド・チャプター
ダニー・カーワン/ミッドナイト・イン・サンファン
ダニー・カーワン/ハロー・ゼア・ビッグ・ボーイ!

セカンド・チャプターミッドナイト・イン・サンファンハロー・ゼア・ビッグ・ボーイ!

エア・メイル・レコーディングス提供。ダニー・カーワン紙ジャケ。3タイトルいずれも価格は\2,730円(税込価格)。2006年最新 24ビット・リマスター仕様予定。

好評のBRITISH LEGEND COLLECTION VOL.23。兎に角これは驚きましたよ。まさかダニー・カーワン(本名 Daniel David Kirwan)のソロが聞けるなんて。1950年生まれのダニー・カーワンは1960年代後半のブリティッシュ・ブルースを代表するバンド、フリートウッド・マックに途中から加入したギタリスト。ピーター・グリーン、ジェレミー・スペンサーという2大ギタリストが在籍していたバンドに途中から参加したダニー・カーワンは10代の時にピーター・グリーンに認められてマックに参加。

「Then Play On」「Kiln House」「Future Games」「Bare Trees」といったマックの作品に参加した後に脱退した後にカーワンはソロ作品を発表していますが、今回の紙ジャケはそのマック脱退以降に発表されたタイトルが対象。「Second Chapter」は彼の最初のソロ作品で1975年に発表。「Midnight In San Juan」は翌1976年に発表された2作目のソロ。「Hello There Big Boy!」は3年後の1979年に発表されたソロ作品。

この記事を見ている人はどうか知りませんが、ダニー・カーワンのソロ作なんて私、今の今まで1度も聴いた事などありません。1970年代初頭のフリートウッド・マックのサウンドを影で支えていたダニー・カーワンの紙ジャケ作品、これはちょっと個人的に衝撃です。

上で《脱退》とは書きましたが、実際には酒に溺れてバンドを追い出されてしまった人。脱退後はソロ作を数枚発表するも、1980年代以降は落ちる所まで落ち、ホームレスのような生活を送っていた時期もあったとか。今生きているのか死んでいるのか、判りません。しかしよくぞこんな作品を紙ジャケなさった。エアメイル・レコーディングスさんに感謝と拍手を贈ります。

ちなみに2000年に発表された作品「Ram Jam City」はカーワンの過去のソロ作からセレクトされたコンピ盤。
Ram Jam City
Ram Jam City
posted with amazlet on 06.01.20
Danny Kirwan
Mooncrest (2000/05/16)
売り上げランキング: 290,458
関連記事
コメント
こんばんは。RAM JAM CITYしかもっていなくて、教えてくださりこれは有難うございます。
お気に入りアルバム拝見しました。今こうやって見ると、パンクのミュージシャンが、みなインテリだった事が解りますね。アバンギャルドなものがお好きなんですね。パンク→PIL→CAN→NEU→ファウスト→スラップ→カウ・・・という構図が見えますが・・・この分析だんだんフレさんみたいになってきましたが、。
【2006/01/21 02:07】 | evergreen #- | [edit]
マック時代はともかく、もしこのCDを買えば私にとってはダニー・カーワンのソロ初体験となります。これは海外からも引き当てがくるのではないでしょうか。
【2006/01/21 20:52】 | Cottonwoodhill #- | [edit]
パンクやニューウェーブの後、私は一時ロックから離れ、オーディオに夢中になっていた時期がありました。その時によく聴いていたのが、現代音楽や民族音楽、ルネッサンス期の古楽といったジャンルの音楽です。

この後再びロックを聴くようになったのですが、その後はズブズブと、、(笑)。
【2006/01/21 20:55】 | Cottonwoodhill #- | [edit]
私も、同じです。ROCKは一時期絶対離れますね。大人にならなきゃならないから・・・。私も、仕事、結婚、子育て、で離れました。しかし、ここへと戻ってきました。皆同じだと思います。オーディオにはまるのもわかります。音に対して貪欲かつ敏感な人間だから、ROCK聞いている人は。
【2006/01/22 13:42】 | evergreen #- | [edit]
私がロックから一時はなれていた時期は大学卒業後から社会人となって10年位の間です。転勤で地元を離れていた時期はまったく音楽どころではなかった心境でした。

現在再び音楽に夢中になってきたのもインターネットの導入が契機になっていると思います。1990年代の末から導入したのですが、他人のサイトを除いて随分と勉強になりましたし、ネット通販で気軽にアルバムを購入出来るようにもなりました。
【2006/01/22 15:13】 | Cottonwoodhill #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/485-a972a3c4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析