FC2ブログ

《紙ジャケ》ジョン・エントウィッスル、キース・ムーン

 2006-01-21
2006/2/24予定

ジョン・エントウィッスル/衝撃!!
ジョン・エントウィッスル/風の詩
ジョン・エントウィッスル/死後硬直
ジョン・エントウィッスル/マッド・ドッグ
ジョン・エントウィッスル/最後のヒーロー
キース・ムーン/トゥ・サイズ・オブ・ザ・ムーン

発行ストレンジデイズ、販売ユニヴァーサル・ミュージック。2月分はフーのメンバーのソロ作品。2006年最新マスター使用予定。価格は6タイトルいずれも¥2,940円(税込み)。

544.jpg

ストレンジデイズ監修によるブリティッシュ・ロック・マスターピース・シリーズ。今回はなんとフーの元メンバーで既に故人となってしまったジョン・エントウィッスルとキース・ムーンの2人のソロ作品が対象です。ベーシストのジョン・エントウィッスル(1944-2002)はボンゾ・ドッグのヴィヴィアン・スタンシャルやニール・イネスが参加した「Smash Your Head Against The Wall」をトラック・レーベルから1971年に発表。その後もピーター・フランプトンが参加した「Whistle Rymes」やトニー・アシュトンが参加した「Rigor Mortis Sets In」(ジャケはジョン・エントウィッスルの最後を暗示したかのような棺桶ジャケ)を1973年までに同レーベルから発表するが、フーと当時のマネージャーとの関係が悪化、このマネージャーがポリドール傘下に設立していたトラックを離れポリドール本体(米ではMCA)に移籍してしまった。

「Mad Dog」は1975年に発表された作品でジョン・エントウィッスルが結成したOX(前作「Rigor Mortis Sets In」に参加したメンバー在籍)名義による作品でもある。「Too Late The Hero」は1981年のソロ5作目。ビリー・ニコルス、ジョー・ウォールッシュ参加作品。ローリング・ストーンズのベーシスト、ビル・ワイマンがメンバーの誰よりも先にソロ活動を活発化させたのと同様、ジョン・エントウィッスルもフーのメンバーの中で最も積極的にソロ活動を展開していた人。やはりベーシストって、フラストレーションがたまるんでしょうね。

キース・ムーンは車ごとホテルのプールに飛び込んだとか、生前はそういった武勇伝ばかりが面白おかしく取り上げられた事もあった人。不摂生な生活を送っていたキース・ムーンは1978年に死去してしまったが、それ以前のフーのステージ映像を見る度に、ブリティッシュ・ロックはなんとも貴重な人材を失ったものだと実感させられる。「Two Sides of the Moon」は1975年に発表された唯一のソロ作品。アルバムのタイトルはキース・ムーンの飲み仲間リンゴ・スターが名付けたもの。親しい仲間が集まって楽しく制作された事がスピーカーから伝わってきそうなアット・ホームな味わいの作品。個人的にも思い入れのある作品なので、これは絶対に買い。

今回のストレンジデイズさんの企画、大変喜ばしい限りです。ジョン・エントウィッスルのトラック関連が紙ジャケ化されたのにロジャー・ダルトリーのソロが除外されたのは一体何故といった疑問よりも何よりも、トラック・レーベルの作品ならやはりこれを、これを紙ジャケ化してもらいたいものです。無理なのはわかってます。遺族が反対してますからね。ですが、ですが、なんとかならないものでしょうか。日本国内限定ということで。ちなみにこのジャケはロシア盤のCDより。2002年盤。

545.jpg
関連記事
コメント
「60年代のアルバムジャケット」っていう、ハードカバーの分厚い、ゴツい本に載ってて、強烈に印象に残ってます!
ジョン・エントウィッスルって、フーの中では、地味なポジションというイメージでしたけど、自分でも、たくさん創作活動をしてたのですね・・・!
職人っぽいのかなぁ・・・??

ドラム、楽しいです!私も、へたくそドラムを叩いてました!
スタジオに入ると、DSと、Wドラムになっちゃいます(汗)
バンドで、どこのパートを選ぶかって、性格が出るような気がします(笑)
ロジャー・ダルトリーは、俳優さんとしての彼が一番のびのびやってる気がするんですけど・・・。私だけ・・・?
【2006/01/21 21:08】 | ルル #- | [edit]
「60年代のアルバムジャケット」っていう本の存在は私は知りませんが、このジミ・ヘンドリックスのジャケットは英国オンリー。今はジミ・ヘンドリックスの作品は遺族によって厳密に管理されているので、このジャケットでの再発、しかも紙としての再発は限りなく薄いと思われます。

ジョン・エントウィッスルのソロもいいですよ。全部聴いている訳じゃありませんが、ルーツ志向のリラックスしたロック・アルバムです。
【2006/01/21 21:45】 | Cottonwoodhill #- | [edit]
どうもTBありがとうございました。
ベーシストの中でもジョン・エントウィッスルってちょっと特別だという印象が僕にはあります。何かやりたくてしょうがないというような感じがかなり強い気がして。
【2006/01/22 12:53】 | muse #- | [edit]
ご訪問ありがとうございます。2月下旬は大量に紙ジャケが乱発されますが、私もなんとか小遣いを工面して購入しようと考えております。
【2006/01/22 15:07】 | Cottonwoodhill #- | [edit]
俺の持っている例のジャケのエレクトリックレディランドは日本版だけどな(80年代の復刻版)

みんないいな小遣いとはいえCD自由に買えて
【2006/01/28 22:59】 | 不明 #- | [edit]
ジミ・ヘンのヌードジャケは昔ポリドールから発売された日本盤CDは私は買い逃してしまったんですよ。私の持っているCDはロシア盤仕様です。
【2006/01/29 00:48】 | Cottonwoodhill #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/489-75e6d182
  • 第17回【John Entwistle】…「My Size」【ヘビーユーザー・ブログ】
    BOOK OFFヘビーユーザーによるお勧めナンバー…… 第17回 John Entwistleの「My Size」!!!!!! 収録ディスク:Smash Your Head Against the Wall 1971年発表 THE WHO のベーシストであるジョン・エントウィッスル。 ロジャー・ダルドリー、ピート・タウンゼント、キー
【2006/01/22 17:31】
  • ザ・フー【まい・ふぇいばりっと・あるばむ】
    NO.00015ザ・フーのベストアルバム『フーズ・ベター・フーズ・ベスト』最初自分の耳には「フーってライヴが終わるとドラムとギターを破壊するんだってよ~!」との情報から勝手にとてつも無くヘヴィな音を予想していました。し、しかし蓋を開けてビックリ....
【2006/08/28 14:09】
  • ザ・フー 2【まい・ふぇいばりっと・あるばむ】
    NO.00541ザ・フー6枚目のアルバム『フーズ・ネクスト』「こんなに素晴らしい音楽を聴けずに死ねるか!」恥ずかしながらザ・フーに関しては、ベスト意外の所謂オリジナルアルバムを殆ど聴いた事がありません。実は名作の呼び名が高いこのアルバムも通し....
【2006/10/27 02:46】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
149位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析