FC2ブログ

(拒否)進化論のダーウィンを描いた英映画が米国で配給拒否その理由は?

 2009-09-13

時事ドットコム:ダーウィン映画、米で上映見送り=根強い進化論への批判

【ロンドン時事】進化論を確立した英博物学者チャールズ・ダーウィンを描いた映画「クリエーション」が、米国での上映を見送られる公算となった。複数の配給会社が、進化論への批判の強さを理由に配給を拒否したため。12日付の英紙フィナンシャル・タイムズが伝えた。映画は、ダーウィンが著書「種の起源」を記すに当たり、キリスト教信仰と科学のはざまで苦悩する姿を描く内容。英国を皮切りに世界各国で上映される予定で、今年のトロント映画祭にも出品された。


痛いニュース(ノ∀`):「神が人間を創造した」と多くの人が信じる米国で、ダーウィンを描いた映画の上映を見送り…根強い進化論への批判
らばQ:進化論への批判からアメリカでダーウィンを描いた映画が上映されず…これに対する海外の反応は?




チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin)。1809年2月12日生まれ、1882年4月19日死去。イギリスの自然科学者にて進化論を唱えた歴史的に有名な人物。日常宗教に埋没していない一般の我等からすれば、進化論のどこが変なのか、さっぱりなんですが、アダムとイブが人類の最初だと思っている一般的な米国人からすれば、ダーウィンなんて頭のあかしいイカれた科学者としてしか見れないのでしょう。

余談ですけどアレックス・プロヤス監督のSF大作映画『ノウイング』。あれ観てあっけにとられた人、多いでしょうね。特にエンディング。しかし、だけれどもあの映画を観て溜飲の下がった米国人ってきっと多かったのでしょうね。

話は兎も角、大雑多な解釈で申し訳ないのですが、キリスト教肯定の共和党、キリスト教排他の民主党、という表面的な印象的しか持っていない私からすれば、オバマ政権になってこの手の論争には終止符がうたれるものと思っていました。空飛ぶスパゲッティ・モンスター君も役目を終えて、歴史の中に埋没するものだと。ですが、現実はそうもいかなったようです。

Flying Spaghetti Monsterism, FSMism



見てわかる ダーウィンの進化論ナショナル ジオグラフィック
日経ナショナルジオグラフィック社
2008-04-24
関連記事
FC2ブログランキング人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング【くつろぐ】参加中
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/5633-fb69ea13
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
188位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析