FC2ブログ

(不況)音楽産業不振続く 3D化が業界を救う?

 2010-10-26

音楽産業100年 深刻なCD不況 3D化に光明 「権利マネジメント見直しを」 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

明治43年に国産初の蓄音機が発売されてから、10月でちょうど100年。日本の音楽産業は、数々のヒット曲とともに大衆文化の王道を歩んできたが、この10年間は深刻なCD不況に直面している。ライブなどの3D(立体)映像を活用した「音楽の3D化」が新たなビジネスチャンスとして注目される一方で、業界の変革のため、歌手をめぐる権利ビジネスのあり方を問い直す声も高まっている。(堀口葉子)


CD売れない、CD売れないという記事も最早なんだか見飽きた感のある今日この頃。CDだけじゃなく、消費するものほぼすべてが売れない今日この頃。仕事がない、だからお金がない、なので何も買えない、という悪循環ではCDはおろか、ぜいたく品の殆どが売れない有様。いや、高級品だけは別ですね。

CDが売れない、イコール、音楽が売れない、という訳ではなく、アーティストがコンサートを開けば大勢の人が訪れます。ようはCDが売れないのは、音楽の聴かれ方が変わってきているだけだと思います。既存の枠の中にしがみついて新しいビジネス・プランを模索しなければ、衰退してしまうのも自明の理といえるかもしれません。この記事ではアーティストのコンサートを3D映像化したものを活用した新しいビジネスが紹介されています。

記事の中で権利マネジメントの事に触れられていますが、用はアナログ時代の古いしきたりやセオリー、ビジネスをデジタルの時代でも押し通そうとするから亀裂が生じる訳です。音楽産業の世界だけの話ではなく、ありとあらゆる産業でも通じる話かもしれませんね。古いビジネスのあり方を21世紀になっても押し通そうとする旧世代の人間が現場から去らねばビジネスのあり方はいつまでたっても変わらないのかもしれません。



日本の音楽産業はどう変わるのか―ポストiPod時代の新展開
八木 良太
東洋経済新報社
売り上げランキング: 27192

 
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/6201-196f87c0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
29位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析