FC2ブログ

《紙ジャケ》モンゴ・サンタマリア、ハーヴィー・アヴァーン・ダズン、ルイス・ガスカ

 2006-02-16
2006/1/29発売

モンゴ・サンタマリア/モンゴ’70(紙ジャケット仕様)
ハーヴィー・アヴァーン・ダズン/ビバ・ソウル(紙ジャケット仕様)
ルイス・ガスカ/ザ・リトル・ジャイアント(紙ジャケット仕様)

2006/2/26予定

ルイス・ガスカ/ルイス・ガスカ(紙ジャケット仕様)

モンゴ’70(紙ジャケット仕様)ビバ・ソウル(紙ジャケット仕様)
ザ・リトル・ジャイアント(紙ジャケット仕様)ルイス・ガスカ(紙ジャケット仕様)
情報遅れました。ボンバ・レコード提供によるラテン・ミュージック関連の紙ジャケ企画。既に発売済みの「ボンバ・レコードのラテン・スペシャル・セレクション」シリーズの第一弾3枚と発売予定の1枚。4タイトルいずれも¥2,520円(税込み)。

ラテン・ロックの最高峰サンタナの紙ジャケが本格的に発表されるのを見計らってか、サンタナとは関係の深いアーティストの作品が紙ジャケで登場するようです。ラテン・ジャズのパイオニア、モンゴ・サンタマリアは1922年キューバ生まれのパーカッッション奏者。1950年代の後半にアルバム・デビュー。初期の代表作は「Sabroso!」「Watermelon Man」「Hey! Let's Party」など。今回の紙ジャケは1970年に発表されたラテン・ジャズ・ファンク系「Mongo 70」。ハーヴィー・アヴァーン「Viva Soul」は1968年のデビュー・ソロ作品。

サンタナやマロというバンドに在籍していたルイス・ガスカは1月の1枚、2月の1枚と、2枚の作品が紙ジャケ化されます。マロは1970年代前半に活躍した米西海岸ベースのラテン・ファンク・ロック・バンド。当時の西海岸での現地での評判は判らないがポップ・チャートにもブラック・チャートにもアルバムを上位にランク・インさせた実績から想像するに、なかなか結構な人気を誇っていたに違いない。

モンゴ・サンタマリアのアルバムにも参加していた経歴を持つルイス・ガスカだが、サンタナではデビュー作「Santana」を始め、「Santana III」「Carlos Santana & Buddy Miles! Live!」といった作品に関与。おっと忘れてはいけない、ルイス・ガスカはジャニス・ジョプリンのアルバム「I Got Dem Ol' Kozmic Blues Again Mama!」にも参加しています。今回の紙ジャケは1968年のデビューソロ「Little Giant」と1972年の「Luis Gasca」。ヒューバート・ロウズ、ジョー・ヘンダーソン、、ハービー・ハンコック、モンゴ・サンタマリア、カルロス・サンタナ、ニール・ショーン、グレッグ・ローリー、レニー・ホワイト、スタンリー・クラークといった面々の名前あり。
関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/647-18eebd26
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
42位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析