(GR) Vangelis / Hypothesis + The Dragon (1978)

 2011-07-04
Dragon/Hypothesis
Dragon/Hypothesis
Vangelis

関連商品
Sex Power
Earth
Ignacio
by G-Tools


ヴァンゲリス(Vangelis)。本名は Evangelos Odyssey Papathanassiou、ギリシャ語で Ευάγγελος Οδυσσέας Παπαθανασίου。個人的にも思い出深いアーティストです。泣く子も黙る、全ユーロ・ロック・シーンを代表する有名人の一人です。シンセサイザー奏者として余りにも世界的に著名になりすぎてしまった影響か、時としてロック・ファンから無視されてしまう傾向も多々ある、著名な音楽家。私が最初にヴァンゲリスの音楽に触れたのはアフロディテス・チャイルド名義の「It's Five O'Clock」というレコードでした。1978年2月24日、当時日本フォノグラムから1500円シリーズとして発売されていたうちの1枚として購入したものです。

その後、ユーロ・ロック屈指の怪作「666」や初期ソロ作「天国と地獄(Heaven And Hell)」(このアルバムは後に日本ではカール・セーガン監修によるテレビ番組「コスモス」の中で使用されて認知度が向上)なんかを買って、そして「炎のランナー(Chariots of Fire) 」や「南極物語(Antarctica) 」、そしてSF映画の金字塔「ブレードランナー(Blade Runner) 」らへと繋がって知名度アップ。アルバムの音質の良さもあってか、一時期にはオーディオ雑誌などで紹介される事も多々あったヴァンゲリス。得意の映画音楽の世界でも知名度が高まり、そして世界的なイヴェントにヴァンゲリスの音楽が起用される様になると、もう一介のプログレ・ファンやユーロ・ロック・ファンの手の届かない大メジャーな存在になってしまったのでした。

さてさて、今回紹介するCDは極めて特殊な存在。「Hypothesis」は1971年5月のスタジオ・セッション、「The Dragon」は同年6月のスタジオ・セッションをそれぞれ収録したもので、レコードは1978年、前者がジャズ系レーベルの英Affinity Records(Charly Records傘下)、後者が英Charly Recordsからそれぞれ発売されています。今回紹介するCDはその2作品をカップリングした、所謂 2in1 物。アフロディテス・チャイルド名義の「666」が1972年ですから、ソロ作品としては極めて初期に録音された、大変貴重なアイテムとなっています。ソロ作品としてはデビュー・ソロ作品「Sex Power」(1970年)と「Fais que ton rêve soit plus long que la nuit」(1972年)の間に位置する作品という訳ですが、このアルバム、実はヴァンゲリス自身が公認アルバムとして認めていない未公認アルバム。

その理由。ジョルジオ・ゴメルスキー(Giorgio Gomelsky)がプロデューサーとしてクレジットされた、この作品達は当のヴァンゲリスの意思とは無関係に発表されたものだから、という事らしい。アルバムが発表されたのは録音された1971年から7年遅れのなんと1978年。1970年代というのはロック・シーンが目まぐるしく動いた時代です。これはシーン全体にとっても、ヴァンゲリス自身にとってもそう。当時既に「Heaven and Hell」「Albedo 0.39」「Spiral」「Beaubourg」「Opera Sauvage」といったアルバムを立て続けて発表して、一流のシンセサイザー奏者としての地位を築き上げていた段階だったから、「Hypothesis」及び「The Dragon」の様な、バンド構成による初期のセッション音源は当時の彼にとっては疎ましい存在だったのかもしれませんね。

だがしかし、シンセサイザー音楽に走るヴァンゲリスの初期音源も実に興味深い。「Hypothesis」はギター抜きの、ベース、ドラムス、キーボード、パーカッションという構成。「The Dragon」はギター、ベース、ドラムス、キーボード、ヴァイオリン、パーカッションという構成。アフロディテス・チャイルドがまだ存在していた時代の音源だけあって、プログレッシヴ・ロック然としたアンサンブルが堪能出来るのが特徴。ソロ作品で見受けられる(特にヒットした著名なアルバムに顕著)、シンプルで美しく、強く印象に残る様な日本人好みの泣きのメロディもいいですが、時にジャジーなフィーリングも見受けられる神秘的なバンド・サウンドも極めてレベルの高いものだ。よくある発掘音源物とは一線を画すレベルと言える。これなら1971年当時、正規発売しても当時のプログレッシヴ・ロックや或いはジャズ・ロックのファンに好評価を受けた筈だと思う。

YouTube - Vangelis / Hypothesis Part 1
YouTube - Vangelis / The Dragon (Grecia, 1971)

ページ最上部へ
関連記事
FC2ブログランキング人気blogランキングへにほんブログ村 音楽ブログへブログランキング【くつろぐ】参加中
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://cottonwoodhill.blog21.fc2.com/tb.php/6570-611d03e8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
FC2カウンター

プロフィール

はじめに

Author:Cottonwoodhill
未確認・不確定な事でも堂々と書いてしまう無責任洋楽ブログ。根は洋楽ミーハーCottonwoodhillは感覚派B型人間なので記事の整合性が欠ける場合多々有り。過去の記事への不快なコメントなどは問答無用で削除します。

RSSフィード
CalendArchive

最近のアルバム評
Powered by 複眼RSS

最近のアルバム寸評

今日のBGM
ゼン・プレイ・オン(紙ジャケット SHM-CD)

最近のコメント
最近のトラックバック
LIVE TRAFFIC MAP
Myスカウター

スカウター : Cottonwoodhill 別別館

FC2検索

タグランキング

トラックワード
FC2 SEO リンク
FC2 アクセスランキング

TopHatenar

フィードメーター
フィードメーター - Cottonwoodhill 別別館
あわせて読みたいブログパーツ

ブログ通信簿

サイト価格ランキング


サイト売買のサイトストック

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア
  1. 無料アクセス解析